未分類

レビトラが製造中止!供給再開までを乗り切る方法

「病院にいってもレビトラが手に入らない!どうすれば?」

レビトラは製造中止されており、国内はおろか、海外での入手も困難です。

でも、この記事を読めば安心!

レビトラが使えない場合の対策まで紹介していますよ!

レビトラの製造が一時中止?原因は工場の改修工事


レビトラは、2018年1月から同年12月にかけて、製造が一時中止になっていました。理由は、製造元のバイエル薬品の工場が改修工事を行うことになったためです。

なぜ需要の高いレビトラの製造を中止してまで改修工事をしたのか、理由は明かされていません。

一説には、アメリカ食品医薬品局(FDA)から、「他の薬品の成分が混入している可能性」を指摘されたためとされています。レビトラの製造工場では他の薬の製造も行っていたため、当時の設備では微量の粉末が混じる可能性を完全に否定できません。FDAに指摘を受けたことで、改修工事をせざるを得なかったのではないかと推測されています。

改修工事は当初、2018年5月から6月頃には終わるものと説明されていましたが、実際には、12月頃から国内のクリニックなどでも処方されるようになりました。

しかし、2019年3月になってから、再び供給停止となることがバイエルから発表されました今回の原因は、長引いた改修工事によって、レビトラを含む様々な薬品が在庫不足に陥っており、生産が追い付かないというものです。

レビトラはその為、国内・海外ともに入手しにくい薬となってしまいました。

レビトラは供給停止中?在庫がなくなる?


レビトラの供給再開の見込みは立っていません。その為、海外から輸入して入手する個人輸入代行サイトから入手するしかないのです。

でも、やっぱり海外でも品薄みたい

アイドラッグストア、オオサカ堂、あんしん通販マートなど、ほとんどのサイトではレビトラが在庫切れとなっています。

国内のクリニックでも、入荷待ちで入手が困難です。

レビトラが品切れなら他の薬やレビトラのジェネリックで代用しよう

レビトラが品切れで入手できない場合、バイアグラやシアリス、またはレビトラのジェネリック医薬品に切り替えるとよいでしょう。

ED治療薬には、レビトラの他にも、バイアグラやシアリスといった製品があります。

含まれている有効成分は異なりますが、基本的な作用は変わりません。適切に服用すれば高い効果を得られます。

バイアグラは安価なジェネリック医薬品が製造されています。シアリスはレビトラよりも効果の続く時間が長いのが強みです。

個人輸入を代行している通販サイトなら、「バリフ」「ビリトラ」といった、レビトラのジェネリック医薬品を購入可能です。

これらの薬は、レビトラと同じ有効成分「バルデナフィル」が含まれており、レビトラと同じ効果を発揮します。レビトラよりも価格が安いので、金銭的に負担を感じているなら、これを期に通販を利用してみるのもよいでしょう。

レビトラだけを長く使っていた人は、この機会に他の薬も試してみるとよいでしょう。

どうしてもレビトラにこだわるのであれば、各通販サイトや病院で在庫が残っている今のうちに入手しておきましょう。